前へ
次へ

7年間経過しないと債務整理は不可能なのか

債務整理の手続きには、色々条件があります。
過去にその整理の手続きを経験した方の場合、少々難しくなってしまうケースもあります。
というのも債務整理を行った後は、基本的には7年間ぐらいは整理手続きを行えない状態になるからです。
例えば2000年に整理の手続きを行った時には、また2005年などに手続きを行える訳ではありません。
この場合、原則としてあと2年ぐらいは待つ必要があります。
ちなみに、それは自己破産も例外ではありません。
よく自己破産は一生に1回のチャンスと言われますが、そうではありません。
7年ぐらい経過していれば、もう一度自己破産を行う事はできる訳です。
しかし借金で苦しんでいる本人からすると、2年間も待つのは大変なこともあるでしょう。
その場合、改めて弁護士に相談してみる方法もあります。
というのも債務整理の手続きは、個々の事情を考慮されるケースが多いからです。
例外的なケースであると判断されれば、たとえ7年経過していなくても手続きを行える事もありますし、相談してみる価値はあります。

Page Top